対応サービス:Amazon POD、電子書籍出版

対応ユーザー:一般会員、プロフェッショナル会員


ネクパブ・オーサーズプレスとKDPでは、紙書籍(POD)や電子書籍をAmazonで出版・販売できるのは同じですが、運営会社が異なります。


KDP(Kindle ダイレクト・パブリッシング)はAmazon.comが運営するサービスです。

ネクパブ・オーサーズプレスは、インプレスグループである株式会社PUBFUNが運営する個人出版支援サービスです。Amazonと正式契約している取次社です。


また、独自のサービスが用意されている点がネクパブ・オーサーズプレスとKDPとの違いとなります。


ネクパブ・オーサーズプレスの独自サービス


●紙書籍(POD)

・売上額を複数人で自動分配できる(支払分配機能)

・出版後に自著を割引価格で購入できる(著者優待販売)

・紙書籍の出版後、1クリックで電子書籍版の原稿ファイルに変換できる(電子書籍かんたん変換・試験公開中

・会員向けのイベントの開催(ネクパブPODアワード)

・プロフェッショナル会員へのアップグレードで、三省堂書店、honto.jp、楽天ブックスといったAmazon以外のストアでも販売可能(追加販売ストア・有料)


●電子書籍

・売上額を複数人で自動分配できる(支払分配機能)

・紙書籍を先に出版している場合、電子書籍版の原稿ファイルを簡単に作成できる(電子書籍かんたん変換・試験公開中)


なお、ネクパブ・オーサーズプレスとKDPで、販売される紙書籍、電子書籍の仕上がりに違いはありません。


わからないことがあった場合は、お問い合わせフォームからお気軽にご質問ください。