対応サービス:Amazon POD

対応ユーザー:一般会員、プロフェッショナル会員


 Amazon PODで印刷・製本される書籍は、仕組み上いくつかの制限があります。


・表紙や本文の印刷時、PDFファイルと完全に一致する色にはならない

・線幅が細い文字や画像は欠けて印刷されることがある

・1冊ずつ印刷するため、書籍ごとに色味が異なることがある


・表紙や本文の印刷時、PDFファイルと完全に一致する色にはならない

 Amazon POD用のデジタルデータに変換する際、Amazon PODで定義された色が使われるため、結果としてPDFファイルで指定された色と100%一致する印刷結果にならないことが確認されています。表紙印刷の場合、日本で使われている用紙は黄みがかっていることから、黄色が強く出る傾向があります。海外(イギリスなど)では青みがかった用紙が使われており、青色(シアン版)が強く出る傾向があります。Amazon PODで作られる書籍で厳密な色調整を行うのは非常に困難なのが現状です。


・線幅が細い文字や画像は欠けて印刷されることがある

 モノクロ印刷時に線幅が細い(目安として0.3ミリ)文字や画像が使われている場合、欠けて印刷されることが確認されています。明朝体の横線のようにフォントによっては細いものがありますので、そうしたフォントを使用していると薄く印刷されたり、欠けて印刷されたりする傾向があるので注意が必要です。


 特に下記の設定の場合は、印刷にかすれが生じる確率が高まります。

・モノクロ印刷時、本文テキストが9ポイント以下の場合

・モノクロ印刷時、本文テキストフォントがMS明朝や游明朝などの細いフォントを使用している場合

・本文にルビが設定されている場合


 なお、Amazon PODで利用可能な本文の最小フォントサイズは7ポイントとなっています。7ポイントより小さいフォントサイズの設定は可能ですが、印刷時にかすれが生じること、ご注意ください。

・1冊ずつ印刷するため、書籍ごとに色味が異なることがある

 Amazon PODは一般的な印刷とは異なり、印刷時に個別の色調整は行われませんので、厳密な色設定が求められる書籍の出版には、Amazon PODは不向きです。


わからないことがあった場合は、お問い合わせフォームからお気軽にご質問ください。


*このページで掲載している内容はPDFのユーザーガイドと同じです。

*PDFで確認したい方はこちらのページからご覧ください。